本当に欲しいもの

フリーマーケットで得られた収益で絵本やボールを買い、カンボジアの子供たちに贈ろう!

だってさ。

ステキでしょー。アツいでしょー。


マサさんの学校の生徒さんが行う様なので、不要な物持参で明治公園に行きました。


いらない物はいっぱいあっても、人様の手に渡ると思ったら、なかなかまともな物が無い。

私のいらない物はだいたい

「いざ!という時のために一個あってもいいかも。」という程度なので、別に無くても良んだけど、

「いざ!手放す!」となると、惜しくなる。貧乏性だから。



それに、色々思い出すね。

入職して買った黄色い目覚まし時計。

  →チクタクの音が気になって寝れず、自分は意外に繊細なんだと気づいた品。

ボーナスで買ったサンダルと、南極の船で履くのにアルゼンチンで買ったミュール。

  →旅から帰って来てからヒールが履けず、3年履いてないから多分一生履かない。

緑が似合わないと実感した冬のコート。など。



いずれにしても別にお気に入りじゃないから、

もしも無くなっても、始めだけほんのちょっと、寂しいかもだけど、

ちょっと時間が経ったら大丈夫。大事にしていたワケでもないので尚更、大丈夫。



捨てて後悔するならなら大事にしとけ!

そーだ!大事にしとけ!バカヤロウ!



いやーしかし。

手放したモノは戻らないので、手放したモノがどうなるか、とても気にはなる!

いやいや、使いもしないのに取っときたいなんて、欲しくもないのに欲しいフリなんてダメよ。



ということで、私の思い出の品を誰かが大事に使ってくれる事を祈ります。

そして、カンボジアの子供が喜んでくれたら嬉しいです。



フリーマーケットなんて何年ぶりだろう?

ボリビアの蚤の市?(ボリ市)以来な気がする。売ってる物も結構ボリ市並みでピンキリでしたが、

あたま1個しか持ってないのに、2個も帽子を買いました。

本当に帽子が欲しかったのか自分!? 大事にできるのか!? 

やっぱりいらないとか、そんな悲しい事はナシで、これからの人生は本当に要るものだけを選びたい。


画像



northfaceの新品の帽子、赤い帽子、股引、

super butter dog(サヨナラCOLOR)とサニーデイサービスのCD。全部で1600円。

CDは生徒さんのお店で値切らず買いました。

だって、みんな頑張ってるから。


なのにマサさん(担任)はまさかの値切り交渉。子供にも常に本気で接するマサさん、さすがです。





さよならから始まる事がたくさんあるんだよ。 んぁあ、もう、素晴らしい名曲ですな。



来月のハナレグミのライブのチケットが、今届きました。

休みをとります。



マサさん、生徒さん、アツさをいつもどうもです。















この記事へのコメント

マサ
2010年10月24日 21:59
今日は来てくれてありがとう!!

あまり話せなくてごめん。あのときは忙しさがピークだった気がする。。。

ハロウィンのかぶりものってつぐみちゃんが持ってきてくれたやつだっけ?
生徒が大喜びでかぶって帰ってったよ。電車の中も(笑)。

Yシャツは買わなかった。担任なんだからタダにしろって感じ。笑
つぐみん
2010年10月25日 20:25
かぶりものは持ってってないなぁ。
みんなキャッキャッてしてかわいかったね。