良く知らないけどすごそうなので行ってみる。

ダライラマの法話と講演。





感じた事が色々あるけれど、どうも、陳腐だし、うまく伝わらないのでやめた。


で、どんな感じ?


きっとみんなが思っている感じ。




そして、ゆらゆら揺れている、めがねの、とても穏やかな、かわいいおじいちゃんです。




チケットを買う時に、金額の違いが有り難さの違いかどうか悩んで、


思い切りに欠ける5000円の席は、意外におじいちゃんの真っ正面で、


近くはないけど、横長に広い会場に於いては、とても良い席だと思われました。




とにかく穏やかで、きっとおじいちゃんは菜食主義者と思ったけど、


肝臓を悪くしてからは、肉も食っとる。と、言っていました。



チベットとか、仏教とか、ダライラマ、とか、全然詳しくないのだけれど


チベットがおかれているとても厳しい環境の中で 法王として生きるおじいちゃんは


私が想像できない様な様々な困難が、今までも、今も、これからもあるのだろうと思われます。



理不尽なことや暴力に、非暴力で平和的に解決しようと努めているおじいちゃんの強さが、


あの穏やかさをつくっているんだろうと思われました。





自己啓発的な本も沢山あるけれど、

だって、書いた人がどんな人か知らないし。

言われなくてもそんなの知ってる。ふん。と思っていたけど、



おじいちゃんの話は、

仏教の教えと、おじいちゃんの経験から得たものだと想像がつくし、

いままで、ハムラビ法典を支持していたので、

「いつか仕返ししてやる!」という思いも時々ありましたが、

それは何の解決にもならないらしく、とにかく色々と目からうろこで、


ね。


ごめんね。


こういう感じでうまく伝わらないけど。




ダライラマ良かった!!!!!!




昨日来ていた1万人のなかで、

仏教やチベットやダライラマを、本当にちゃんと知っている人が何人いるか分からないけれど、

きっとみんなそれぞれが、色んなメッセージを受け取って、考えて、それで、

ちょっとづつでも何かが変わって行くんだねきっと。


ああ。本日は、おじいちゃんに会えて良かった、の1日。




この記事へのコメント

あやか
2010年06月28日 00:15
おひさ~☆

なんかうまく伝えられないけど「いい!」っていうそういう感じってあるよね。

あたしもダライラマさんのことも、チベットのこともあんまりよく知らないけど、

ああ会ってよかった、

って気持ちにさせてくれる人って
やっぱすごいよねー☆


ふと思ったんだけど何語でしゃべったの??

通訳つきみたいな??
ちゅぐみん
2010年07月11日 08:47
あやか。
久しぶりだね。そっちのお水は美味しいですか?
おじいちゃんはチベット語と英語を話していたよ。
通訳の人は日本語だったけど、その日本語がかなり難しかった。
あかかの受ける授業よりは簡単かも(笑)。
島の人
2010年07月22日 16:34
ダライラマ… 

さらっとしか知らないけど、

俺と気が合うと思う…

と、対等目線。(^^ゞ
つぐみん
2010年08月11日 19:40
島の人
きっと!
だって、そのへんのかわいいおじいちゃんと同じ感じだったから。